お知らせ

【受験生向け】大学説明会について・追加(8月5日)

人文学類大学説明会(オープンキャンパス)を2017年8月5日(土)に開催します。

【1】参加について
大学説明会への参加には事前申込が必要ですが、7月31日現在、午前開始・午後開始の部ともに満員になっております(キャンセルがあった場合は申込できる場合があります)。ご了承ください。

13時からの各種企画は、事前申込なしでも当日参加できます(模擬授業、研究室ツアー、構内ツアー、なんでも相談室、資料室、研究展示。ただし全体説明は除く)。ぜひお越しください。

【2】午後の企画について
午前開始の部は、全体説明と昼食に引き続いて、13時より以下の企画を行います。全体説明でカバーできなかった内容を紹介しますので、午前開始の部に続いてご参加ください。(※各種企画に広報委員が同行し、今後の広報活動に使うための写真撮影を行う場合があります。)

[模擬授業]
(1)保呂篤彦先生(哲学主専攻)「宗教哲学とはどんな学問か」
(2)三宅裕先生(考古学・民俗学主専攻)「西アジアで歴史を掘る―考古学が解き明かす食の歴史―」
(3)島田雅晴先生(言語学主専攻)「見たぞ!言語理論が暴く和製英語の正体!?」
(4)上田裕之先生(史学主専攻)「大学生にとって、歴史とは何か」
(5)千葉建先生(哲学主専攻)「なぜ「自然状態」は「戦争状態」か—ホッブズ『リヴァイアサン』を読む」
※(1)〜(4)は13時10分〜55分と14時10分〜55分に同じ内容で行います。(5)は15時10分〜55分の1回です。

[研究室ツアー]
人文学類の各主専攻の教員研究室におじゃまします。13時・14時・15時にそれぞれ受付を行い、各回約1時間です(各回定員がありますので、原則的に先着順になります)。

[音声学実験室ツアー]
人文学類なのに実験室。脳波実験の機器も備えた実験室を見学します。実験に参加できるかも。13時・14時・15時にそれぞれ受付を行い、各回約1時間です(各回定員がありますので、原則的に先着順になります)。

[西アジア研究室ツアー]
西アジア考古学の資料室を見学し、古代オリエント史の解説を聞きます。14時と15時にそれぞれ受付を行い、各回約1時間です。(各回定員がありますので、原則的に先着順になります)。

[構内ツアー]
先輩たちと一緒に学内を歩いて見学します。13時・14時・15時にそれぞれ受付を行い、各回約1時間です(各回定員がありますので、原則的に先着順になります)。

[学術展示室公開]
人文社会系学術展示室を終日(10:00〜16:30)一般開放します!他の場所では見られない、貴重な考古資料が数多く展示されています。

[研究展示]
各主専攻の研究に関する資料や先輩たちの卒業論文などを展示します。説明のスタッフもいるのでご質問ください。13時〜16時です。

[なんでも相談室]
受験や学生生活など皆さんの様々な疑問に先輩たちが直接お答えします。13時〜16時です。

[資料室]
先輩たちが実際に使った参考書や、学生生活の資料を展示します。13時〜16時です。

【3】交通案内
・つくば駅から会場へはバスでお越しください。
・「午前開始の部」の方は、つくば駅(つくばセンター)9番乗り場から臨時バスに乗車し、「第一エリア前」で下車してください。
・「午後開始の部」の方は、つくば駅(つくばセンター)6番乗り場からバスに乗車し、「筑波大学循環(右回り)」または「筑波大学中央」行の場合は「第一エリア前」で、「筑波大学循環(左回り)」の場合は「松美池」で下車してください。バス停からの案内図はこちら。
・運賃は片道270円です。交通系ICカード(SUICAやPASMOなど)も使用できますが、乗車時・降車時どちらも「タッチ」が必要です
・詳細は関東鉄道バスのウェブサイトをご確認ください。

【4】ご注意とお願い
(1)午前開始の部に参加される方は昼食をご持参ください。一部の食堂は営業していますが、大きな混雑が予想されます。
(2)当日は猛暑が予想されます。各自で飲み物を持参するなど、十分な熱中症対策をお願いします。
(3)座席数の関係で、保護者など付添の方は説明会場にご入場できません。別室にてお待ちください。


ニュース | 人文学類 | 筑波大学 人文・文化学群筑波大学 人文・文化学群 人文学類の学類生や受験生に向けたニュース一覧。